“コストコ”と言っても、英語ネイティブに伝わらなかった…!

こんにちは!なおやデス!
Hello guys! Naoya here!

今日は、コストコ(Costco)に行ってきました!
I went to a Costco with my girlfriend and some of my friends today.

クリスマス🎄前ということもあり、人がめちゃくちゃ多く入場制限までかかってた😅
There were so many people lining up in front of the entrance and it had a limited number of customers allowed to enter because Christmas🎄 is coming soon.

コストコに行ったのは2回目なのですが…まさかこんなに人が多いとは思っていもいませんでした。
It was my second time going to Costco but I did not expect that there would be lots of people.

1つ1つの量がすごく多いので、海外の雰囲気を味わえました笑
Each product is so big that I felt like I was shopping in the US. Lol

さて、前置きが長くなりましたが、本題に入りましょう!
Anyway, let’s get into the main topic!

日本では、「コストコ」と呼ばれていますよね。
In Japan, we say “Kosutoko.”

昨日、海外の友人に「コストコに行ってくるよ〜」と言ったのですが、通じなかった😮!
I said to my friend yesterday, “I was going to go to kosutoko” , but my friend didn’t understand what I just said😮!

なぜ!!笑
WHY!! Lol

綴りを見ても、Costco うん、「コストコ」って言ってしまいますよね。
Well, let’s look at the spelling “Costco”. Okay……. Japanese tend to say “kosutoko.

実は、英語でCostcoの“t”は発音されず、「コスコ」となるんです。
However, Westerners say Cos(t) co. So it means that they do not pronounce the letter “t” clearly. 

いや〜知りませんでした🙄
I did not know about that🙄

英語には、knowの“k”は発音されないなど色々ありますので、今後も気づいたら紹介していこうと思います!
In English, there are some words that pronunciation is different from the actual spelling such as “know“. (“K” is a silent letter.) I will tell you about those words when I find or notice them.

では、Have a good one!

コメント

タイトルとURLをコピーしました