【英語ネイティブ監修!】どうやって“a(an),the”と“複数形”を使い分ける?

こんにちは!なおやデス😎!
Hey everybody! Naoya here😎!

今回、この記事を書くにあたり、オーストラリア人の友達“ピーター”が手伝ってくれました🤝!
First of all I want to thank my Australian editor Pete, for helping me with corrections and suggestions for this article🤝


では、早速本題に入りましょう!
Okay, let’s get started!

※説明が難しく、ちょっと変な表現があると思いますがご了承ください。
※There are some strange explanations because it is difficult to explain.

冠詞-Articles-“a(an), “the”

英語を勉強している人で、冠詞の正しい使い方が難しい!と感じる人もいるんではないでしょうか。
Many students of English have trouble with correctly using the indefinite articles”a(an)” and the definite article “the”.

いつ、どのタイミングで「a(an)とthe」を使い分けるの?って感じですよね🤔
You might be wondering how exactly are “a(an)” and “the” used🤔

“a(an)”は、特定されていない1つの物を言いたい表したい時に使います。
We use “a(an)” when we want to refer to one unspecified item.

例)これは本です📖
Ex.)This is a book📖

例)1つのりんごです🍎
Ex.)This is an apple🍎

“a”は、a e i o u の母音以外、つまり、子音で始まる単語の前につけます。
We use “a” with words which start with a consonant, which means any letter of the alphabet excluding the vowels, a ,e ,i , o, u.

そして、”an”は、母音で始まる単語の前に使われます。
We use “an” with words which start with vowels, a, e, i, o, u.

また、初めて会話に話題を出す時、(名詞の前に)”a(an)”を使います!すでに同じ名詞を話の前に出している場合、2回目以降は”a(an)”ではなく、”the”を使います。
Also, the indefinite articles “a(an)” is used when a topic is being introduced into a text for the first time. The definite article “the” is used when referring again to the same topic.

例)昨日、車の事故みちゃった😫その車、白いxxxだったよ。
Ex) Yesterday I saw a car accident😫 The car was a white xxx.

“the”は、「空、月、太陽」のように、1つしか存在しないモノを言い表したい時にも使用されます。
The definite article “the” is used when referring to something of which only one exists as “the sky”, “the moon”, “the sun”.

では、「駅で集合しない?」っていう時、どちらの文を使いますか🤔?
Well, which sentence is correct🤔?

Why don’t we meet at a station?
Why don’t we meet at the station?

自然な表現は⑵です!
⑵ is more usual as it refers to the station we both know.

⑵は、話し手と聞き手の両者が「あの駅だね/いつものあの駅集合か」など、どの駅のことを言っているのかを知っている感覚となります。
⑵ refers to the specific station speaker and listener both know.

⑴の場合だと、聞き手は「ん?どの駅のこと言ってるの?駅いっぱいあるけど…」って感じになります。
However, in sentence⑴ the listener will wonder which station does the speaker mean?

では、他の例をみていきましょう。
Some more examples.

Do you know a movie called 〇〇?
Do you know the movie called 〇〇?

どちらの文も英語的には合っていますし使えますが、ちょっと意味に違いがあるんです。
These sentences are correct, but there is a slight difference in meaning.

⑴は、聞き手に〇〇の映画のこと知ってる?かを聞いているんですが、その映画がそこまで有名じゃないから、今までその映画について聞いたことある?〇〇の映画知ってる??みたいな感じ…難しい(笑)
In sentence⑴, the speaker is asking if the listener has ever heard of this movie, as it is not so popular.

⑵の場合、話し手は、聞き手が〇〇の映画についてすでに知っていて(あー聞いたことあるよーみたいな感じ)、聞き手に対して、(もちろん)この映画知ってるよね?みたいな感覚となります…わかるかな?笑
On the other hand, in sentence⑵ the speaker thinks that the listener already knows of the movie as it is fairly popular.

英語のネイティブスピーカーの感覚って面白いですね🙃!!
It would be interesting to know what English native speakers think when the incorrect article is used🙃



複数形の使い方-How to use the plural form

先ほど、a, an, theについて説明しました。
では、今度は複数形いつ使うの?って話ですよね。
I explained how to use “a”, “an” and “the”.
So, you might be wondering what articles we use in the plural form.

例をみてみましょう。
Let’s look at some examples.

I take a lesson every day.
I take lessons every day.

どっちも正解です!..が、意味が違います。
The two sentences above are both correct, but have a different meaning.

⑴を訳すと、毎日1レッスンだけを受けている、ということを意味します。
Sentence⑴ means that you take only one lesson every day.

⑵は、毎日何レッスン(少なくとも⑵レッスン以上)受けていることになるんです。
Sentence⑵ means that you take several lessons every day.


以上、単数&複数形の使い方をまとめてみました!
Thus, I summarize singular and plural.

日本語では、なかなかコーヒー1つなど注文しない時以外、1つの〇〇などの表現を使うことがないと思います。
In Japanese, we don’t have an equivalent to “a(an)”, except in the case of ordering one cup of coffee.

少しでも役に立てればなと思います。
I hope this article will be helpful to you.

Have a good weekend!

【Cambly(キャンブリー)】

PS
ピーターは、毎日たくさんのことを手伝ってくれる、めちゃくちゃ良い人です。
Peter is a really really a nice guy and helps me a lot every day.

この記事は、彼なしで書けなかったです。
I don’t think I would be able to write this article without him.

Thank you again, Peter.

コメント

タイトルとURLをコピーしました